しの

記事一覧(37)

『カメラを止めるな!』感想 〜もがいた先にある映画のマジック【ネタバレ】

映画『カメラを止めるな!』は、上田慎一郎監督によるインディーズ映画です。結論から言うとこの作品、エンタメ作品としても、物語としても、そしてなにより「映画」としても巧みとしか言いようがない作品になっています。とにかくエンターテイメントとして面白く、そしてその面白さは普遍的な物語を伝え、「映画のマジック=人生における希望」を信じさせてくれるのです。鑑賞時の驚き、面白さ、気づき、発見、ライブ感……といったものがそのまま作品の本質に関わってくるので、数ある映画作品の中でも特にネタバレ厳禁な作品となっています。本記事では『カメラを止めるな!』という作品の「巧みさ」について考えていきますが、必ず作品をご鑑賞なさってからお読みください。〈あらすじ〉とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。(公式サイトより引用)〈感想〉※以下、ネタバレ注意■エンタメ作品としての巧みさこの映画の最大の特徴は、「映画を撮る」という行為が入れ子構造で示されることです。冒頭37分のワンカット映画ではゾンビ映画を撮るチームが描かれていますが、その舞台裏を見せる後半部分ではさらにその作品を撮るチームが描かれます。この構造により、観客は同じシーンを異なる視点から眺めることになり、「ああ、あれはそういうことだったのか」という気づき・発見の面白さを体感できます。いわば「映画で映画の伏線を張る」という前代未聞の試みをしているわけです。ただ、この作品がとてつもないのは、そうした伏線回収による気づき・発見の面白さが、そのまま作品のテーマを伝える役割を担っていることです。すなわち、本作は単に「よく出来たコント」では終わらない、映画でしかできない表現で何かを伝えるという「物語」にちゃんとなっているのです。作品の構成を振り返ってみましょう。本作は主に三つのパートから構成されています。第一幕:ワンカットゾンビ映画『One Cut of the Dead』第二幕:ワンカット映画を取るまでの前日譚第三幕:ワンカット映画の舞台裏まず観客は、初っ端から『One Cut of the Dead』を丸々観せられます。これが手作り感満載なんですが、何しろワンカットですからそれなりに見応えがありますし、小道具を使ってちゃんと「ゾンビ映画」の体裁に落とし込んでいるので、観客は「あーそういう映画ね」と勝手に納得してしまいます。もちろん、本作自体がインディーズ映画であることによる先入観が手伝っているのは言うまでもありません。単純に、「自分はいま何を観せられているんだろう」と観客を引きつけ、冒頭から興味を持続させる役割もあります。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』感想 〜無類のエンターテイメント体験【ネタバレ】

ついにこのときがやってきました。2008年に公開された『アイアンマン』から10年。映画史に残る一大プロジェクトであるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の到達点であり、集大成であるといえる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が公開されました。当初は、2019年公開の『アベンジャーズ4(仮題)』とセットで二部作であると発表されており、題も『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー PART1/PART2』とされていました。しかし、その後それは撤回され、それぞれ作品として独立性が高いことから、前編は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と改められ、また後編のタイトルは未発表(2018年4月27日時点)となっています。二部作でありながら独立性が高いというのは、ファンを非常に混乱させるものでした。他にも、関係者からは「衝撃の展開が待っている」「皆さんは何も知らない」といった意味深な発言が連発し、マーベルスタジオの徹底した秘密主義も手伝って、公開前から非常にミステリアスな一作であるというイメージでした。では実際のところ、本作はどうだったか。まず言えるのは、150分という長い上映時間で、これほどまでに一瞬たりとも興奮がおさまらなかった映画は初めてだったということです。内容どうこう以前に、まずエンターテイメントとして無類であることは確かだと感じました。

『LOGAN/ローガン』感想 〜虚構のヒーローを信じる意味【ネタバレ】

ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリン、およびパトリック・スチュワート演じるプロフェッサーXの最後の姿を描く映画『LOGAN/ローガン』。2000年に公開された『X-MEN』以来、彼らは実に17年もの間、ヒーローの役を演じ続けてきました。リアルタイムで追いかけてきた人々にとっては特に感慨深い作品です。彼らがどんな結末を迎えるのか、ファンにとっては非常に気になるところでした。しかし蓋を開けてみると、この『LOGAN/ローガン』は今までのX-MENシリーズとは全く毛色の異なる作品でした。むしろ、今まで自分たちが演じてきた役を、ある意味否定する内容だったのです。それはヒーロー映画と呼ぶにはあまりにリアルで、痛々しく、哀しく、そして親しみ深いものでした。これは、今まで我々がずっと親しんできたはずの「ヒーロー」という概念を今一度問い直し、その意義を再確認する映画だったのです。 
本記事では、そんな本作が最も力を注いだと思われる「ヒーローの問い直し」について、そしてその問いに対するこの作品の答えについて、切実に書いていきたいと思います。〈あらすじ〉近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。治癒能力を失いつつあるローガン(ヒュー・ジャックマン)に、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は最後のミッションを託す。その内容は、ミュータントが生き残るための唯一の希望となる少女、ローラ(ダフネ・キーン)を守り抜くことだった。武装組織の襲撃を避けながら、車で荒野を突き進むローガンたちだったが……。(引用元)〈感想〉※以下、ネタバレ注意 ■あまりにみすぼらしいヒーロー 開始早々、この作品は我々に悲痛な現実を見せつけます。車から出てきたローガンの外見は老いていて、足も悪く、どこか生気がありません。そんな彼がまずしょうもないチンピラと闘うのですが、なんと銃で撃たれて地面に蹲ってしまうのです。今まで憧れてきたヒーローの、これ以上なくみっともない姿。そんな彼の姿が映る画面の右下から、スッと小さい「LOGAN」の文字が出てきます。もう私は苦笑しました。もちろん、ただ映画タイトルが出てきただけなのですが、しかしあのタイミング、あのレイアウトは狙っているとしか思えません。私には、あの文字はよくある人物紹介の字幕に見えたのです。「このみすぼらしい奴がローガンです。X-MENの主役だった奴です」と言っているように感じたのです。笑ってしまう辛さです。このように、本作はまず「これまで積み上げてきた虚構の否定」というコンセプトを宣言してきます。そしてその後も一貫してこの姿勢が貫かれているのはいうまでもありません。ずっと世界のために闘ってきたはずなのに、その世界はもはやディストピアと化しています。今までのヒーローとしての闘いが水泡に帰しているわけです。そんな世界で自殺することもできず、ただ屍のように生きているローガン。彼の唯一の目的は「太陽号」を買ってどこか遠く離れた海の上で生涯を終えること。つまり、これまで世界のために闘ってきたヒーローが、その世界から抜け出したがっているのです。アダマンチウム製の爪を血まみれの手で抜こうとするウルヴァリンの姿なんて、誰が想像したでしょうか。これは自身のアイデンティティの否定です。他にも様々な面で、これまでのX-MEN映画が築き上げてきた「ウルヴァリン像」を否定する描写が出てくるのです。いや、それだけではありません。本作はもはや、これまでのX-MENシリーズ自体をも否定していると言っていいでしょう。人類とミュータントの共存は? X-MENチームのヒロイックな闘いは? 恵まれし子らの学園は? そんなものはどこにもありません。極め付けは、ローガンが「ミュータントが生まれたのは神の失敗だったのかも」と嘯くシーン。ここに、これまでシリーズが積み上げてきた「希望」が否定されるわけです。X-MENシリーズの主人公も、描き続けたテーマも、一度すべて否定する本作。そう考えると、こんなに冷酷な作品はないと思うかもしれません。確かに、シリーズに思い入れがある人ほど、ウルヴァリンをホンモノのヒーローだと信じてきた人ほど、辛く悲しい物語となっています。しかし、そうやって一度観客を冷徹に突き放し、夢から覚ます行為は、実は必要なプロセスだったのです。   

『ひるね姫』感想 〜継承される夢と発見する自己【ネタバレ】

正直言ってかなり不器用な作品です。「考えるな、感じろ」という語り方をしていることは間違いないのですが、「感じる前に考えてしまう」作りになってしまっています。結果として、「面白い部分もあったけど、結局何の話だったのかよくわからない」というような、それこそ「寝起き」のような感想になりがちです。実際、私もそうなりました。ただ、本作が何か重要なことを伝えている気がするのも事実です。夢というモチーフと、そこで展開される魔法をめぐる物語。それが全編を通して確かに主人公の現実や物語とリンクしていき、同時に「親子の物語」という小さな物語が、より大きな物語ともリンクしていく構造。不器用ではありながらも、何かを伝えようとしている気がするのです。従って、今回の感想記事はシンプルに言ってしまえば、この映画を観た後の「何の話だったのか」というモヤモヤに答えを与えたくて書いたものです。本作の「不器用さ」はひとまず置いておいて、あの物語に意味を見出だせるとしたらどのようなものかを、精一杯考えてみようという主旨なのです。というわけで、気を緩めると口から飛び出しそうになる色々な不満は、この記事を書いている間のみは、私も固く封印しておくこととします。(※注意 ネタバレありです)〈あらすじ〉岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は、ついつい居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと…考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたとはどうしても思えない。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、おさななじみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。ココネは夢と現実をまたいだ不思議な旅に出る。その大きな冒険の末に見つけた、小さな真実とは…。(引用元)〈感想〉 ■知らないワタシの物語この映画の正式な題は、『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』です。この「ワタシ」というのは、言うまでもなく主人公である森川ココネのことであり、従って本作は「森川ココネが自分の物語を発見する物語」であると言えます。物語の柱として、主人公の自己発見のエピソードがあるわけです。さて、その柱に施された肉付けとして本作ではさらに二つのエピソードが用いられます。一つは自動運転技術という「魔法」を巡るエピソード。もう一つはその魔法を「夢」見た人々のエピソードです。この「魔法」「夢」といった幻想的な要素が、ココネの「ひるね」によって空想的に語られ、これを通して彼女は自らの未来を切り拓いていくことになります。ここで本作のキモになるのが「夢と現実のリンク」です。ココネのみる夢は突飛なものでありながらも、どこか現実と地続きの感じがあります。実際、夢のとおりに現実が進行してゆき、終盤ではもはや夢と現実の境が曖昧になってゆくのです。いわば、ココネは自分のみた夢に突き動かされることにより、自分の現実を変化させていくわけです。以上のように本作を俯瞰すると、この物語において「夢」というのは単なるモチーフや物語設定にとどまらず、前述の「重要な何か」に直結する大きな意味をもつ要素であると考えることができます。

『ドクター・ストレンジ』マッツ・ミケルセン来日! 舞台挨拶レポート

本日、映画『ドクター・ストレンジ』の舞台挨拶に行ってきました。いやーマッツ、ステキな方でした! ファンのための撮影タイムには後ろの方の観客席にも近づいてくれたり、ファンに握手をしていたり、日本語で挨拶を返してくれたり、とても優しい方でした! 観客は女性が多く、マッツが動くたびに黄色い歓声があがっていました笑サプライズゲストが登場したり、ファンによる質問タイムがあったりと、とても楽しい舞台挨拶でした。さて、本記事ではそんなステキなマッツの舞台挨拶の様子をレポートしたいと思います。煩雑なメモを頼りにしているので、不正確な部分もあるかもしれません。ご了承下さい。(写真は一部ここより転載)(2017年1月27日 12:45~ @TOHOシネマズ六本木ヒルズ)マッツ・ミケルセン氏登場。グレーのスーツにデニムパンツ。以下、敬称略。司会「ご来場頂いた日本のファンの皆さまにご挨拶をお願いします」マッツ「こんにちは、東京!(日本語で)こんなにたくさんの方に『ドクター・ストレンジ』を観に来て頂いて本当に嬉しいです。41年前、僕が10歳のとき、僕の人生はマーベルコミックを読むことと、いかにブルース・リーになるかということで一杯でした(会場笑)。それから40年後、スコット(本作の監督)から電話がかかってきて、『マーベル映画でフライングカンフーをやらないか』と言われたとき、僕は『子供の頃の夢が叶った!』と思いました(会場拍手)。『ドクター・ストレンジ』はマーベル作品の中でも特別な作品で、今までのマーベル映画にはないユニークなキャラクターたちが登場します。5年前であれば、このようなコミックを映像化することは不可能だったでしょう。僕らはこの映画で役を演じていてとても楽しかったので、同じくらい皆さんにも楽しんで頂けるととても嬉しいです(会場拍手)。」 
司会「久しぶりに日本を訪れた感想はいかがですか?」マッツ「今回も本当に楽しんでいます。光栄なことに、日本の伝統的な......ヤカタブネ?(会場笑)にも乗ることができました。お寺で住職さんにもお会いすることができましたし、ゲームクリエイターの小島秀夫さん(会場笑)にお会いし、彼のスタジオにお邪魔したりもしました。美味しい日本食もたくさん頂いています。いや、仕事もしてますよ! ......1時間くらいは笑(会場笑)」 
司会「マッツさんが演じられたカエシリウスとは、どのようなキャラクターなのですか?」マッツ「まだ皆さんがご覧になる前なのでネタバレはできませんが、世界をより良い場所にしたいと考えているキャラクターです。平和で、飢餓のない世界に。ただ、その手段にちょっと問題があるのです。」 司会「ところで、マッツさんは『ローグ・ワン』にも出演されており、デス・スターの設計者ゲイレン・アーソ役を演じられています。いわば日本の冬の二大映画に出演されているのですが、そのような素晴らしい作品に立て続けに関わられて、どのようなお気持ちですか」マッツ「デス・スターに関しては、あれは僕の責任なのでちょっと罪悪感を感じるところもあるんですが(会場笑)、でも誰かの手によって造られなければならなかったものですからね。子供の頃は、まさか自分が役者になるとは思ってもいませんでしたが、マーベルとスター・ウォーズが大好きな子供でした。僕はデンマーク出身で、アメリカ人ではないので、この二つの作品に出演しているのがとてもシュールに感じます(会場笑)。でも、こういう機会を与えてくださったことにはとても感謝していますし、一生忘れることはないと思います。」司会「ファンの皆さんも、マッツさんが大作に立て続けに出演されて、嬉しいですよね(会場拍手)」